fc2ブログ

記事一覧

PM運営「俺たちは手腕運営である(キリッ」

画像


 4gamer.netにペーパーマンサービス開始3周年に関する運営陣へのインタビュー記事が掲載されていました。面白い記事だったので抜粋転載します。
 
関氏
 ペーパーマンはオンラインFPSですから,お客様にしっかりプレイしていただける環境作りに注力してきました。また,そうした施策が全般にお客様から評価していただけているので,とても感謝しています。

関氏
 ペーパーマンが大きなコンテンツになっていくのと並行して,運営チームも開発チームも人数が増えて,よりいろんなことができるようになりました。開発もスピーディですし,各種のアナウンスもすばやくお知らせできるようになっています。そういう意味では,この3周年は運営/開発の両面を万全な状態にして迎えられたとも言えます。

関氏
 その一方では,FPSとしてのゲーム性を強めることも心がけてきました。その成果は,2010年に開催されたオフラインイベント「FPS甲子園」で,ペーパーマン代表チームが優勝したことにも表れていたんじゃないでしょうか。実際,あのときの優勝をきっかけに「ペーパーマンは,ただのキャラゲー」という評価を払拭できた実感もあります。今後,FPSとしてきちんと楽しめる内容を充実させていきます。

ジョン氏
 まったく予想していませんでした。当時も今もそうですが,私達は市場の動向を踏まえてはいても,どちらかと言えば,より自分達が面白いと思えるもの,作りたいものにチャレンジしてしまいます。
 そういう意味では,日本できちんと受け入れられるような企画を立てる運営チームの手腕が非常に頼もしいですね。

ジョン氏
 私が印象深いのは,皆さんのプレイが非常にうまくなっている点です。開発チームでは,一般のお客様に混じってペーパーマンをプレイすることがあるのですが,サービス開始当初はかなりの頻度で勝てたんです。ところが3年経った今では,私達が予想していなかったようなプレイが続出して,全然勝てません。もはや私達よりもペーパーマンのことをよく知っているお客様が多いということで,嬉しくもあり,驚いてもいます。

関氏
 ペーパーマンは,お客様に支えられて3周年を迎えることができました。今後お客様の声をもとに,よりお楽しみいただける環境を構築していきます。またそれと同時に,ペーパーマン独自の展開にも力を入れていきます。今後もペーパーマンを暖かく見守っていただけると嬉しいです。
 あとはオフラインイベントなどで,お客様と対戦する機会も増えましたので,2012年内に皆さんといい勝負ができるよう,腕を上げたいです。

元記事|紙技シューティング「ペーパーマン」のサービス開始から3周年。これまでの歩みと現状,そして今後の展望を運営プロデューサーと開発リーダーに聞いた





 突っ込みどころしかない運営陣の回答で笑いました。今後「」とは嘘八百もいいところ。FPS甲子園での優勝によってペーパーマンプレイヤーが一目置かれるとうになった可能性はありますが、これはペーパーマン運営チームのお陰ではなく優勝チームの実力の成果だと思うし「ペーパーマンは,ただのキャラゲー」という評価を払拭云々とは全く関係のない話だと思う。
 
 それに加えて「」本当にこの運営はこれまでに「FPSとしてきちんと楽しめる内容を充実させてきた。」と思っているのだろうか。キャラゲーとしての価値を進行させたばかりでFPSとしての価値は下がる一方。ペーパーマン運営においての「FPSとしての内容」とは一体なんなのだろうか。
 
 まあ、「私達よりもペーパーマンのことをよく知っているお客様が多い」≒「ユーザーよりもペーパーマンのことをよく知らない」運営陣に何期待しても無駄ですね。ペーパーマン信者の皆さんは今後も神運営チームの「非常に頼もしい手腕」に期待しましょう!

コメント

どうみてもキャラゲーじゃないですかーーやだーー

u-sya

でてこい梶谷オラァ

梶谷さんはすでにgmp退職してます

は?まじで?それまじでどこソースつかお前誰だよ
梶谷知ってるとか選ばれし者かよ爆笑

梶谷さんはネカフェイベントに運営側の人間として顔を出してたから、それらのイベントに行ってた人は結構知ってる。

コメントの投稿

非公開コメント